仮想通貨投資の友

仮想通貨とは:


Points:ネット生まれの新しい通貨。ブロックチェーン技術で信用確保

ネットで取引される通貨のこと。だから紙幣やコインなどの実体がない

「仮想通貨」とは、インターネットを通じて使えるお金のことです。現在、ビットコインをはじめとして、世界に1000種類以上の仮想通貨があります。

仮想通貨には、日本円やアメリカドルのような紙幣やコインは存在しません。このページの写真に出ているような「コイン」は実在しないのです。よくこの写真のような「コイン」がいろんなサイトや書物に載っていますが、これらはあくまでもイメージであって、本当にあるわけではありません。

そういう意味で「リアルなお金」でないのです。だから、バーチャルなお金、つまり仮想通貨といわれています。海外では「暗号通貨(Cryptocurrency)」と呼ばれることのほうが多いようです。

政府はタッチしない新しいお金。ブロックチェーンという技術で信用性を得ている

通貨は一般に、国や中央銀行が発行してこれを管理していますが、仮想通貨の場合は、そのような発行主体が存在しません。その代わりに、インターネットを通じて多くの人たちがおたがいに仮想通貨の取引を監視し、ネット上に取引記録を残すことで成り立っています。

そんなことができるのは、取引記録を改ざんできないようにして残せる「ブロックチェーン」という技術があるからです。仮想通貨は、このブロックチェーンという技術によって貨幣としての信用性を確保しています。

みんなが競って取引監視。取引を承認できた人は報酬として新しい通貨をゲットできる


「多くの人たちが取引を監視している」というのは、ちょっとわかりづらいですね。それはこういうことです。インターネット上でAさんとBさんが仮想通貨を使って取引すると、それをだれかが検証し、承認する作業が生まれます。だれかが承認しないと、取引は成立しません。この承認作業を、世界中で凄いコンピューターを使う人たちが競っておこなうのです。

最初に承認できた人は、報酬として新しい仮想通貨をもらえます。もらえるから、みんな競って承認(つまり監視)をするわけです。

このときに、仮想通貨が新規発行されます。取引の検証・承認を通じて、新規の仮想通貨が生まれます。ちょうど、新しいお金を発掘しているようなものなので、検証作業は「採掘(マイニング)」と呼ばれます。

>> 「仮想通貨投資 入門キーワード集」トップページに戻る


入門キーワード2018.07.12


記事一覧

1  (4件)